「守谷市議会 新型コロナウイルスワクチン接種」
本日1/12は守谷市議会1月の臨時議会を行いました。
本来であれば休会中ですが、今回の臨時議会招集は「新型コロナウイルスワクチン接種」の為補正予算案が提出されました。

今回の補正予算案の中には、新型コロナウイルスワクチン保管用の冷蔵設備や摂取に関わる事務費などが国庫負担にて組み込まれていました。

ですが肝心のワクチンの即効性などは明確な説明は得られぬまま、
まずは設備をそろえてと言われているような補正予算の提案、
補正予算を組み直す前に、しっかりとしたワクチンの効果や安全性を確認できないと守谷市民は納得しないのでは?と思います。

本日の質疑にて今後のワクチン接種迄のスケジューリングと安全性や副作用の詳細な説明など求め今回の補正予算案には賛成しましたが、今後ワクチンの詳細な情報が国や県から説明が有るそうですのできちんと情報を市民の皆様に行政から周知するようしっかりと提言してまいりたいと考えております。